妊娠線を消す方法とは?

出来てしまった妊娠線…なんとか消したいですよね。

 

妊娠線は皮膚の深い所である「真皮」と言う箇所に出来た傷の為、通常より治りにくい傷だとされています。簡単には消えるものではありません。

 

しかし、全く良くならないかと言うとそのような事はなく、妊娠線専用のクリームを使用する事で、徐々に目立たなく、最終的に妊娠線が消えたという声もあります。

 

妊娠線を薄く目立たなくする為には@保湿 A新陳代謝(肌の生まれ変わり)を促す事が必要です。

 

まずはたっぷりと妊娠線が出来た箇所を保湿してあげる事。保湿をすると肌が柔軟になるので、これ以上妊娠線が広がらなくてすむようになります。

 

次に新陳代謝(肌の生まれ変わり)を活発にする事です。

 

この保湿と、新陳代謝の活性化をさせる成分が含めれているのが妊娠線クリームです。

 

↓それでは、今人気の妊娠線クリームを紹介したいと思います。

妊娠線を消す方法は?人気の妊娠線クリーム

ノコア(NOCOR)

妊娠線,消す,クリーム

 

妊娠線ならこちらのノコアのクリームがかなり評判がよくおすすめです。有名な女性雑誌などのメディアでも多く取り上げられ、知名度もかなり高いですね。評判も良く、4週間以内に9割以上の方が良い変化を実感出来たと言うアンケート結果も出ています。
ノコアの公式サイトでも、妊娠線を薄く目立たなくできたという女性の口コミを見ることができます。

 

ノコアの公式サイトはこちら

 

 

AFCストレッチマーククリーム

妊娠線,消す,クリーム

 

AFCストレッチマーククリームは妊婦さん向けの商品を多く販売しているAFCがプロデュースした妊娠線クリームです。特長としては妊婦さんに嬉しい葉酸が配合されている事です。さらに無添加・無香料で安心です。ネロリの良い香りがするクリームです。
AFCのストレッチマーククリームはコスパがとても良いのが魅力です。1本当たり2800円(送料無料)と、妊娠線クリームの中でもかなり安価です。満足度も98%とかなり評判の高い妊娠線クリームですね。

 

AFCストレッチマーククリームの公式サイトはこちら

 

 

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線,消す,クリーム

 

ベルタ妊娠線クリームは、女性に人気の高いブランドベルタが開発した妊娠線クリームです。ベルタ妊娠線クリームの特長は、妊娠線をケアする成分は勿論、美容成分が豊富に含まれている所です。馬プラセンタ、スーパーヒアルロン酸などの美肌成分が豊富に含まれています。
ベルタ妊娠線クリームの公式サイトはこちら

 

 

 

 

妊娠線を消す方法は?妊娠線が出来る原因


そもそも妊娠線が出来る原因とは何なのでしょうか??

 

簡単に説明すると、妊娠をした事によりお腹が大きくなり、皮膚の伸縮に耐え切れなかった箇所が裂けてしまい、妊娠線になってしまうのです。

 

妊娠線は乾燥肌の方がなりやすいと言われています。その理由は、乾燥肌の状態は皮膚が硬い状態なので、伸縮性が弱いのです。その為、皮膚の下から押し上げられると、簡単にひび割れてしまいます。これが妊娠線の原因です。

 

また、妊娠線は消えにくい・治りにくいと言われています。その理由は、妊娠線は皮膚の少し深い所にある「真皮(しんぴ)」と言う箇所にできてしまった傷の為です。真皮は新陳代謝が活発ではない為、自然治癒が起きにくい場所です。

 

妊娠線クリームはどのくらいで効果が出る?

 

妊娠線クリームはどの程度で効果が出てくるのでしょうか?

 

その効果を実感するのは、早い人では1週間以内だと言われています。大体1ヶ月立つ間には、少しでも効果を実感している方が多いようですね。

 

ですが基本的には、真皮に出来た傷であり、新陳代謝を活性化させて時間をかけて治していくものなので、即効効くもものではないという認識を持っていた方がいいかもしれません。

 

しかし半年〜1年ほど立てば、かなり効果を実感している方も多いそうです。

 

妊娠線は皮膚の深い所に出来た傷です。自然治癒がされにくいので、積極的なケアを行った方が、妊娠線は消えやすいと言えます。

 

妊娠線はいつから出来るのか?


妊娠するということは新しい命を授かるということで非常におめでたいことです。

 

嬉しいと思う女性は当然のごとく数多くいることでしょう。

 

でも、妊娠に伴う体重増加、出産後の体型の変化などとても気になることも多いというのが現実の話として頭に浮かんでもいます。妊娠中の最大の見た目の悪さというのは妊娠線ということになるでしょう。

 

妊娠線が出来てしまったら、出産後も残りやすいです。

 

お腹が出ることは赤ちゃんがお腹にいるのですから当然です。
でも、有る程度気をつけていると妊娠線ができないようにすることも可能と言われています。

 

妊娠線が出来るのは6ヶ月頃からだと言われています。これはつわりも治まって食欲が増加する時期だからだと言われています。

 

このころからお腹が大きくなって目立ちだすということになるのです。

 

特に最初に出来る妊娠線は下腹部辺りの見えにくい場所にできると言われていますので、妊娠線を気にしている人は絶えず鏡などを使用してチェックをするということが重要となります。

 

妊娠線を予防するにも専用の妊娠線クリームを使って、妊娠線が出来ないよう皮膚を柔軟にしておくのがいいでしょう。


更新履歴